神奈川工科大学生が贈るクラブ情報マガジン KAIT Express
ホーム > クラブ・キャンパス情報ホーム > クラブ特集「練習は質より量」
クラブ・キャンパス情報

あなたは音楽が好きですか?
音楽には様々なジャンルがあり、それぞれ好みがあるかもしれないが、それを流している音楽機器類にはそれほど関心を持ったことはないかもしれない。

本学のオーディオ研究部は、名前から普段の活動が想像つきにくいかもしれないが、理想の「音」、上質の「音」を追求し、アンプやスピーカーなどの音楽機器の製作や設計を中心に活動している。活動日は週に一回部会が開かれるだけで、特に決まっておらず部員一人一人が好きな時に、自分の追求する「音」を目指して作業をしていく、かなり自由度の高い部活である。

今回の取材では、部で製作したスピーカーの試聴会の日、部長の遠藤 紀幸さん(えんどう のりゆき・機械工学科3年)と前部長の浅利 哲郎さん(あさり てつろう・情報ネットワーク工学科4年)を中心に数名の部員の人達からお話を伺った。

スピーカー製作について質問すると、スピーカーユニット部分は買ったものだが、ネットワーク回路やコンデンサは手作りだと答えた。しかし、計算していたものとは違う音が出る場合もあるし、ネジ一本の締め方一つで音が変わってしまうので自分の目指す「音」を出すにはとても地道な作業が必要だ。

試聴会で使われたスピーカーは、製作費用に8万円かかったが 30万円分の音質であると軽い感じで答えてくれたが、ここまで作り上げるにはおそらく差額の22万円分の努力があったからではないかと考える。

それぞれが自分の理想の「音」を追求するオーディオ研究部。さらなる活躍を期待している。

KAIT Expressクラブ特集バックナンバーは以下から閲覧することがでます。